作用時間が長いシアリスで勃起不全改善

ED治療薬として日本で3番目に販売されたのがシアリスという医薬品で、この医薬品は日本において、国から2007年7月末日に製造及び販売をする事が許可されました。

この医薬品には5mg錠・10mg錠・20mg錠の3種類があるので、微調整が可能です。

また有効成分シルデナフィルクエン酸塩が含まれた青い菱形をしたED治療薬や、2番めに日本で発売が許可され、塩酸バルデナフィル水和物が含まれたオレンジ色で丸形のED治療薬と、シアリスとでは違いがあります。

それは、シアリスは有効性は服薬後36時間にも及ぶとされている所にあります。

もう少し詳しく説明すると10mg錠の場合はおよそ20時間から24時間の効果があり、20mgではおよそ30時間から36時間前後に渡り効果があるという事です。

シアリスを服薬後に医薬品の効き目が出てくるまでの時間は、個人差はありますが、およそ30分から4時間前後となっており、性行為を行う前のおよそ3時間程度前に服薬すると良いかも知れません。

また、シアリスを服薬すれば飲食をしても問題無いので、前述したものと比較すればメリットであると言えるでしょう。

実は、シアリスは日本では承認申請が2005年9月にされており、2年後の2007年9月から販売が許可されましたが、日本で発売する前の2002年10月には海外では、世界100カ国を超える国々でEDに悩む患者さんに使用されていた実績があります。

そして2013年8月現在においては、PDE5阻害薬であるシアリスは世界で40%を超えるまでになり、世界レベルではトップの座を獲得した実績があります。

つまりそれだけ人気があるという事は、勃起不全改善において期待が持てると言えるかも知れません。

また、シアリスは性的刺激がある場合のみ効果を発揮するので、日常生活で困る事は無いというのがメリットと言えるでしょう。