前立腺肥大症になる原因

前立腺肥大症というのは、ちょうど男性の膀胱の真下に位置する前立腺という臓器が肥大するとによって、排尿症状などがあらわれる病気です。
前立腺の肥大そのものは、実は年齢が高くなると誰でも起きるようなもので、特に60歳代の男性ではほぼ半数以上が該当するといわれています。
ただし、前立腺が単に肥大したからといって、生活に支障が生じるような症状がただちにあらわれるのかといえばそうではないため、実際に治療が必要なほどの状態になっているものが前立腺肥大症として区別されています。
前立腺は、男性ホルモンのはたらきによって発育する臓器であり、男性の第二次性徴にも大きくかかわり、たくましい筋肉や骨の形成を促すことなどに寄与しています。
そのため、この前立腺肥大症になる原因についても、まだ明確に解明されてはいない部分はあるものの、加齢とともに男性ホルモンの分泌が減少して、体内でのホルモンバランスが変化することが原因なのではないかといわれています。
前立腺肥大症にかかってしまうと、尿が出にくい、1日のなかで何度もトイレに行きたくなってしまう、排尿したはずなのに尿が残る気がするといった、典型的な症状があらわれ、ひどい場合であれば急な尿意が我慢できずに失禁してしまうこともあります。
それ以上に悩みの種となってしまうのが、前立腺肥大症にともなって、男性機能が低下するEDの症状も同時にあらわれてしまうということです。
こうした場合ですが、シアリスのようなED治療薬を服用して、性行為中のいわゆる中折れなどを防いで、最後まで円滑に、自信をもって進めるようにする必要があります。
シアリスは国内では医師の処方がなければ入手困難ですが、例外として海外からの個人輸入で少量のシアリスを入手することも可能となっており、ネット上には専用のサイトも多数開設されています。