前立腺肥大症の初期症状

前立腺肥大は、男性が年齢を重ねるとともに起こりやすい加齢現象の一種であり、早い人では30歳ごろからはじまり、多くの場合は50歳ごろに入ると自覚されるようになります。ただし、実際に病院での治療が必要な病気としての前立腺肥大症は、そのなかでもさらに少なく、4分の1程度が該当するかどうかとみられています。
前立腺肥大症にかかった場合には、前立腺そのものの肥大化とともに、さまざまな排尿症状をともないます。こうしたものの初期症状としては、トイレに行っても尿がなかなか出てこなかったり、勢いが弱くなるというものがあります。その逆に、急に尿意をもよおして我慢ができなくなり、トイレに着く前に失禁してしまったり、排尿をした後なのにもかかわらず、どうも尿がまだ残っているような感じがするといった場合もあります。
このような前立腺肥大症は、生活習慣病といわれる肥満や高血圧、メタボリックシンドロームと関係があるといわれており、また海外の調査では、異常な排尿症状が、男性機能の低下、いわゆるEDを引き起こす危険性があるということについても指摘されています。
EDを解消するためには、まずは生活習慣を改めるというのは当然といえますが、シアリスのような専用の医薬品を服用することも、その助けとなるといえます。
シアリスは、性的興奮があったときに、男性の持続力を高めるというすぐれた効果が確認されている医薬品で、海外ではもちろんのこと、日本国内でもすでに承認を受けて流通しています。最近ではクリニックなどを気軽に受診することができない男性のために、シアリスを個人輸入として海外から取り寄せることができるインターネット上のサイトなども充実してきています。